定年退職後に、生きがいを失ってしまう人が多いです。 特に、仕事だけをひたすら頑張ってきた人の場合、これから何をすればいいのか全く思いつかないかもしれません。 しかし、生きがいがないと楽しく過ごすことができませんし、無為に残りの人生を使うことになります。 では、どのようにして生きがいを見つければいいのでしょうか? まず、大事なのは、社会との繋がりを大切にすることです。 定年退職をすると家でゴロゴロしてしまいがちですが、それでは徐々に社会との繋がりが薄れていき、自分の存在意義が分からなくなります。 積極的に地域住民と交流を深め、人脈を広げるようにしてください。 そうすることによって、刺激のある生活を送ることができます。 また、自分を必要とする人が現われ、存在意義に不安を感じることもなくなるはずです。 そして、趣味を持つというのも重要でしょう。 今までやりたいと思っていたけど、時間がなくてできなかったことをしたり、これまでやっていた趣味をもっと本格的にやってみるのもいいかもしれません。